Loading...Loading...

●ロシアのショイグ国防相は9日、ロシアが併合を宣言したウクライナ南部ヘルソン州のドニエプル川西岸地域から撤退するようロシア軍部隊に命じた。州都ヘルソン市を含むこの地域はウクライナ側が奪還に向けて反転攻勢を強めており、撤退はプーチン露政権にとって大きな打撃となる。一方、ウクライナ側は自軍を市街戦に誘い込む「わな」の可能性もあるとみて警戒を解いていない。(タス通信、インタファクス通信など)

●インタファクス通信などによると、ロシア軍のスロビキン総司令官がヘルソン地域への物資供給が困難な状況に陥ったなどとして、ショイグ氏に川の東岸地域に防衛線を構築することを提案し、了承を得たという。スロビキン氏は西岸地域の住民約11万5000人をロシアが実効支配するウクライナ南部クリミアへ避難させることも決定した。

●ヘルソン市は、ロシアが一方的に併合したウクライナ東・南部4州の州都のうち、2月のウクライナ侵攻後に制圧した唯一の都市。ロシアにとっては重要な「戦果」とされていた。

●これに対しウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は9日、ロイター通信に「ロシア軍撤退について語るのはまだ早い。部隊は市内に残っている」と述べ、退却したと判断するのは時期尚早との見方を示した。ウクライナ側が警戒するのは、「これで進軍が容易になった」と思い込み、ヘルソン市に入ったところを集中攻撃される事態だ。今回の撤退方針はあくまで見せかけの「偽装工作」の可能性もあり、ウクライナ軍は今後、慎重に進軍の是非を検討するとみられる。

●一方、タス通信は9日、ヘルソン州の親ロシア派勢力幹部だったストレモウソフ氏が交通事故で死亡したと報じた。
事故の詳細は不明で、現地での混乱に拍車をかけている。

●同州は、2014年にロシアが一方的に併合した南部クリミア半島とウクライナをつなぐ交通の要衝。【大前仁、ベルリン念佛明奈】

●いずれにしろ、選局は重大局面を迎える。

●今日は11月10日(木)。今日がお誕生日の方、おめでとうございます。今日は肢体不自由児愛護の日日本肢体不自由児協会の主唱で1953(昭和28)年から実施。この日から12月10日までの一箇月間が「手足の不自由な子供を育てる運動」期間となっている。

●毎年、肢体不自由児が描いた絵を載せた「友情絵はがき」「愛の絵はがき」の配布等が行われている。ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は柴田午朗氏の句です。

●黒焦げの中に軍靴が焼けていず    柴田午朗
(みんな違ってみんないい鑑賞それぞれお楽しみ下さい。)

※番外編

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

振り上げた手でプーチンが頭掻き”のコメント欄です

  1. on 2022年11月11日 at 4:37 PM :

     嗚呼安堵続編期待番外編

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K