Loading...Loading...

夫婦喧嘩は犬も食わないと、よく言われる。昨夜の喧嘩は何であったのだろうか。朝はいつものように、ねぎを刻む音が心地よい。

午後はプールの日。九月も終わりになると、さすがに、気まぐれのお客は少なく、ある目的を持った、定連の姿ばかりになる。多くはダイエットを願うご婦人方であるが、子供に泳ぎを仕込んでいるパパやママさんたちである。時には元気に自信のある男の年寄りが混じっている。私はプールへ行きだして11年になるが、惰性で行って居るようなものだ。決まった日に行かないと、調子が悪いように思うので欠かせないのである。

まっすぐな道で淋しい。これは山頭火の俳句であるが、そんな山頭火に似合わない、ことが日記に書かれてある。1935年9月21日のくだりに、雨、彼岸」。(略)国勢調査の下調査だった、私のようなものでも、現代日本人の一人であるに相違ない。天風録よる。

世捨て人のように思っていた山頭火も、我々とあまり変わらい、ことに気が付いてほっとする。

万歩計は、4.409



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K