Loading...Loading...

●首相同行記者、コロナ禍のベトナム入国ルポ ハノイの夜は自室でチキン南蛮弁当(産経新聞デジタル ハノイ 田村龍彦記者)

●菅義偉(すが・よしひで)首相は18日、就任後初の外国訪問先となるベトナムの首都ハノイに到着した。日本の首相の外遊としても新型コロナウイルスの世界的な感染拡大以降で初めてとなる。入国にあたっては、同行する記者団も新型コロナの感染防止のため、PCR検査や結果が出るまでの自室待機など特別な対応を求められた。

●ホテル通用口に防護服姿。

●18日午後6時(日本時間同日午後8時)前、政府専用機はハノイのノイバイ国際空港に到着した。直前まで雨が降っていたようで東南アジア特有の湿気の中、同行記者やカメラマンは用意されたバスに乗り、宿泊先のホテルに向かった。

●同行記者は機内でも車内でも全員がマスクを着用しているが、街を歩く人や車に乗った人の中にはマスクをしていない人の姿も目立つ。

●それもそのはず。ベトナムは感染の「第1波」の封じ込めに成功。「第2波」で苦戦しているとはいえ、在ベトナム日本大使館のホームページによると、陽性例と判断されたのは10月12日時点で計1109件、死亡者数は35人。日本も含め諸外国と比べ、圧倒的に少ないためだ。

●空港から1時間ほど市内を走り、ホテルに到着した。ただ、バスが横付けしたのはホテル裏側の通用口。防護服を着たスタッフ数人が立っており、車内から驚きの声が上がる。

●今回は首相の訪問に合わせた特別措置であり、一般の駐在員らが入国する場合は入国後14日間の隔離や、複数回のPCR検査などが必要になるという。

●外務省によると、首相も入国前に検査を行ったが、入国時の検査は「外交儀礼」もあり、一部の随行員も含めて免除された。

●政府は今回の外遊にあたって、同行者や会談の参加者を絞り込んだり、感染者が増加傾向にあるインドネシアでは視察を入れなかったりするなど感染防止に取り組んだ。外務省職員は「行動の制約があり、準備や労力がかなり必要になる」と漏らす。

●各国とも徐々に人の往来を再開し、「対面外交」に乗り出しているが、欧州では感染が再拡大するなど油断はできない。

●現地との調整にあたった外務省の職員は「これまでの外遊はこうだったとかいうのがコロナで通じなくなった。これからの外遊は今回をベースに考えていくことになると思う」と話す。

●ベッドに入ったが、あまり熟睡できず、19日午前5時(日本時間同日午前7時)に目が覚めた。スマートフォンをチェックすると、「PCR検査の結果のご報告」という外務省からのメールが届いていた。

●「皆様のPCR検査の結果、全員陰性でしたのでご報告します」

●とりあえず、同行取材は続けられそうだ。

●一方、ベトナム訪問中の菅義偉首相は19日、ハノイで同国のグエン・スアン・フック首相と会談し、日本からの防衛装備品移転を可能とする協定締結で実質的に合意した。
●ベトナムは中国と南シナ海で領有権を争っており、両国が防衛協力を深めることで、同地域で強硬姿勢を強める中国をけん制する狙いがある。【ハノイ時事】

●菅首相は会談で中国を念頭に「東・南シナ海で一方的な現状変更の試みを深刻に懸念しており、ベトナムと引き続き連携していく」と発言。フック首相は「深刻な懸念を共有する」と同調した。

●実質合意したのは、日本から海外へ防衛装備品の輸出を可能とする防衛装備品・技術移転協定。日本は既に9カ国と締結済みで、アジアではフィリピン、マレーシアに続き3カ国目となる。菅首相は会談後の共同記者発表で「両国の安全保障分野の大きな一歩だ。さらなる進展を確信する」と強調した。

●短期出張者などの往来再開でも一致した。短期往来はビジネス目的に限り認めるもので、新型コロナウイルスの陰性証明や行動計画の提出を条件に、入国後2週間の待機を免除する。ベトナムが3例目となる。

●新型コロナ感染症対策での協力を強化していくことでも合意。中国依存からの脱却を目指し、医療品のサプライチェーン(供給網)の多元化を進める。

●両首脳はまた、「自由で開かれたインド太平洋」構想実現へ協力していくことを確認した。南シナ海や北朝鮮を含む地域の課題について緊密に連携していくことも申し合わせた。

●会談の冒頭、フック首相は両国関係について「戦略的利益を共有し、最も重要な戦略的パートナーだ」と指摘。菅首相は「自由で開かれたインド太平洋というビジョンを持って東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとする同地域への積極的な関与を明確にしてきた。菅政権でも変わりはない」と強調した。

●共同記者発表に先立ち、両首脳はテロ対策の装備機材供与に関する協力文書を交わした。

●苦労人同士の握手、控えめな真理子夫人の笑顔と響きあいます。

●また、首相の東南アジア訪問に同行している真理子夫人は19日、ベトナムのハノイでの歓迎式典やフック首相夫人主催の昼食会などに出席し、外交デビューを果たした。【産経新聞デジタルハノイ=田村龍彦記者】

. 久々にまとまった日差しの今日は10月20日(火)。晴れときどき曇り。15~23度。今日がお誕生日の方、おめでとうございます。今日は①ITや家電の見本市(シーテック)2020がオンラインで開催(~23日)。②野球 米大リーグ・ワールドシリーズ開幕。ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は花南井可氏の句です。

●枯尾花霧の中なる声さがす    花南井可
(みんな違ってみんないい鑑賞それぞれお楽しみ下さい。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K