Loading...Loading...

CIMG0802 CIMG0800今日は老大民謡教室。明後日の30日は、個人発表会。私は「秋田米とぎ唄」を歌うことになっているが、今日の練習でキーが合わなくて、最初から躓く。何回か練習するうちに、今日の練習はなんとか終わったが、本番はドキドキもの。

昼食は近所のお好み焼き屋。夕べカープが負けたので、みんな機嫌が悪い。それでもファンとは有り難いもので、明日は野村で、2対0で勝ってファイナルは黒田・中崎で勝つと鼻息は荒い。

川柳奉行の誌上大会の締め切りは10月3日と後3日に迫ったが、会長からの報告によると、26日現在で、投句者数は260人を超えたとのこと。ありがたいことである。これもひとえに選者先生方の、実力と、お人柄を始め、柳友各位のご協力があってのたまものだと、感謝しています。

夕食は秋刀魚の塩焼き。頭をつけたまま、ワタも出さずに焼いた秋刀魚に、大根おろしと、スダチを絞っていただく。ワタの部分が、珍味絶品。旬の味は大変なものである。今日の万歩計は、11.266歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

物忘れつらい悲しい物語”にコメントをどうぞ

  1. 澁谷 さくら 澁谷 さくら on 2016年10月28日 at 11:25 PM :

    賢悟さん こんばんは。
    30日には、民謡の個人発表会があるのですね。
    ドキドキの気持ち、よくわかります。
    わたしもつい先日、1年がかりで準備・練習してきた合唱のコンサートを終え
    ホッとしているところですが、みんなに支えられる合唱ではふだんあまりあがらないのに、今回はなかなか硬さがとれず、息も流れなくて…
    中盤からようやく、でした。
    あたたかいお客さまのもと、いいお仲間たちと一緒に歌えたしあわせな1日になりました。
    「秋田米とぎ歌」って、どんなうたなのかしら。。。
    当日はリラックスできて、のびやかに歌えますように。

    カープの応援で、広島は熱く盛りあがっていることでしょう。
    明日からはホームでの試合。巻き返してくれるといいですね。
    またビールのみ放題のお好み焼きパーティーができるとうれしいですね。

    秋刀魚、つい先日わたしもいただきました。
    最近は値段も高くなっている中、安価なものでしたが旬の味は最高♪ですね。
    わたしも頭ごと、大根おろしにレモンで…
    すだちがあればよかったのですが、ありあわせです。

  2. 野村 賢悟 on 2016年10月29日 at 8:39 PM :

    いつも心遣いありがとうございます。コーラスをやっておられるのですね。三原の老人大学にもコーラス部がありますが100人近い大所帯のようです。

    民謡も、私は作業歌が好きで、去年の発表会には、宮崎県の「刈干切り唄」を歌いましたが、今年は、秋田県民謡の「秋田米とぎ唄」を歌いますが、この歌は、造り酒屋で、最初にやる仕事が、米を洗う仕事で、それに携わる人は、杜氏と違って、下働きの人が、自嘲を込めて、黙々と、米とぎ作業をする、単調な歌です。その中の一節は、♪米とぎは ヤーヨイ 楽だと見せて 楽じゃない 寒中にも ヤーヨイ はだしに裸 楽じゃない ヨイトコーリャ 楽じゃない♪と言う歌詞です。哀愁を込めて、少し自嘲気味に歌ってみたいと思っています。

    残念ながらカープは負けそうですがここは良くしたもんで、お好み焼き屋は、残念会に切り替わる予定です

    最後にちょっとお尋ねしますが、ほかの方は、フルネームを入力して、検索すると、その方のブログが立ち上がるのに、渋谷さくらさんと入力しても、とんでもない渋谷さんが、出てきます。よかったら教えてもらえれば、ありがたいと思います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K