Loading...Loading...

外回り溝と、落ち葉を清掃して、今年の大掃除は終わった。家内と一緒に正月の買い物に行く。しめ飾り、お鏡モチと籠に入れていくと、籠二つがすぐ山盛りになる。今年は何もせずに、おせちを少し買って帰る予定だったのに、次から次へと入れていく家内。ブレーキ役に徹したが、あまり効果はなかった。

今年最後の柳誌が届く。第6回播磨川柳大会柳誌である。今年は都合で、出席できなかったが、投句の部に参加していたので早速開封。4句入選していた。柳社によっては、投句拝辞などと、冷たい所もあるが、何様のつもりだろうか。ベッドの上からや、のっぴきならぬ都合で参加できない人はたくさんいるのに、元気で、小金があって、仲間うちだけの柳論に花を咲かせるだけが川柳ではないと思うのだが、依然として、投句拝辞の案内は多い。川柳には権威などはいらないと思う。それでは播磨の入選句。

「飽きる」  平和ぼけ米のめしにも飽きてくる

「友」    友達にするには惜しい大物だ

「従う」   従えば瀬となち淵となる命

「雑詠」   金の鈴どこまで嘘を通す気か

夕飯は私の当番。正月の買い物で冷蔵庫が一杯になるので、冷蔵庫の掃除を兼ねて、水炊き。豚肉、鶏肉、生牡蠣へキャベツ、白菜、シイタケ、白ネギなど野菜たくさんの鍋が出来上がった。水炊きでビールをおいしく頂いた。ウオーキングは95分。万歩計は11.244歩。快調也。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K