Loading...Loading...

護憲ををとなえると白い目で見られそうだが、立憲主義や民主主義をないがしろにする政権与党に改憲の資格はないと思うが、いかんせん時代は右へ舵を切って突き進んでいるようだ。ジャーナリズムがもっとしっかりしないといけないのに、テレビや新聞の政権への忖度が目に余るような気がしてならない。

 

今日、川柳はいふうの、祝16代目櫻木庵尾藤川柳ご襲名と素顔の、尾藤川柳という別冊が届いた。初代川柳が誕生から数えて300年。東京の方では、今このことでもちきりのようであるが、方や関西の雄、川柳塔の活躍が目につく。蘭幸さんの人柄に負うところが大きいが、川柳を庶民の手の届くところまで引きずりおろしてくれる気概に注目している。

 

昨日ジパングも届いた。冊子では「おとなび」を宣伝しているが手続きのややこしさや、列車まで指定される、わずらわしさに、ついていけないので、いまだに、じぱんぐで通している。

連休中でもGGだけは沢山人が集まってくる。家内もホールインワン昨日に続いて2個入れたようだ。私は、19・21・21・17の78でホールインワン1個。自分では納得のスコアである。

万歩計は、久しぶりに、10.549



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K