Loading...Loading...

やはりこの男は強かった。9位だった昨夏の世界選手権で日本代表からの引退を表明した男子マラソン川内優輝が現地時間16日、世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の一つボストンで2時間15分58秒で優勝した。日本人の優勝は87年瀬古利彦以来31年ぶりの快挙だ。冷たい雨が降り注ぐコンディションだった。渡米前の羽田空港で、前半は「目立たないように」と集団に潜むプランを描いていた。しかし、宣言とは違い、スタートからダッシュで飛び出す、大逃げ策を敢行。中間点を先頭集団の中で1時間5分59秒で通過し、その後も持ち味の粘りを発揮した。40キロでは昨年優勝で、先頭を走っていたジョフリー・キルイ(ケニア)と20秒差の2位。ラスト2・195キロで逆転し、2分25秒差を付ける圧勝劇だった。出場の経緯は意外な縁だった。代理人であるラーナー・ブレッド氏が昨夏、大学の先輩に当たる同マラソン3連覇のビル・ロジャース氏(米国)と野球の米大リーグのレッドソックス-マーリンズ戦を観戦。その時、ロジャース氏が川内へ向けて、ボストン出場のラブコールをした。その動画をブレッド氏からもらった川内は「偉大な選手から呼んでいただけるのはうれしいこと」と30分以内に出場する意向を伝えたという。昨年末にはコースを試走。122回の世界的にも伝統あるレースでサプライズを起こした。根性ですね。ただボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならないとか。精神力のVで河内は涙ぐんだとか。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。4月17日(火)の花は「ハナビシソウ」、花言葉は「希望」。今日は①安倍首相が渡米(~20日)。ところで、みんな違ってみんないい川柳。今日は先人奥田みつ子氏の句。

●誰よりも好きで嫌いなのが自分    奥田みつ子
(自己洞察の句と読みます。自分のいいところも悪いところも自分が一番よく知っている。現実には悪いところばかりですがね。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ボストンでVの優輝が涙ぐむ”にコメントをどうぞ

  1. 佐藤 千四 on 2018年4月17日 at 9:45 AM :

    おはようございます。
    強いですねえ。そして真摯ですね。多くの選手は一試合終わると一定期間は再走しないのが通常いや指導されていますが彼は毎週でも走ります。そして好成績を上げ続けています。

          ボストンは一億円に遠かった

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月17日 at 10:11 AM :

    千四さん おはようございます。歯を食いしばって頑張りました。強いですねえ。一つの勲章になりますね。宝ものです。「ボストンは一億円に遠かった」、それにしても一億円にはビックリしました。今日もありがとうございます。この一日をお楽しみください。

  3. 岡本 恵 岡本 恵 on 2018年4月17日 at 12:10 PM :

    茂男さん、こんにちは。
    私にとっても川内くんは今日のトップニュースでした。ボストンで優勝は快挙。悪天候にも走りにくい道にもかかわらず前だけを見て走った彼に大きな拍手です。整備されたいい道で記録ばかりを話題にする陸連なんかカンケーナイ!これぞマラソンという戦いぶりに感動しました。とは言っても実際に見てはいないのです、テレビでやってくれないかなぁ〜。
    昨日の「寄る」の天位句はとてもいいですね。心に刻まれました。課題吟をこんなふうに自分のものにできたらいいなと思います。

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月17日 at 12:26 PM :

      恵さん、こんにちは。川内選手は精神的に強い人ですね。マラソンは「人生」に似ているとか、お手本にしたいです。この度のボストンの優勝に大きな拍手を送ります。ニュースでちらりと見た彼は2位からトップに躍り出るとき例により顔をしかめていました。あそこが正念場でしたね。また、昨日の「寄る」の天位の句、褒めていただきましてありがとうございます。お題に作者が引っ張り込まれがちですが、「コーヒーが沸いた」句はお題を自分にしっかりと引き寄せていい句に仕立てられました。課題吟のお手本と考えます。今日もありがとうございます。これからもいいことが沢山ありますように。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K