Loading...Loading...

  沖縄は23日、沖縄の全戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。1945年6月23日に3カ月近く続いた旧日本軍の組織的戦闘が終結してから今年で70年。沖縄は終戦後の27年間の米国統治下で「基地の島」と化し、過重な基地負担は今も解消されていない。最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園では県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、安倍首相や翁長知事、遺族ら5400人が参列。正午に1分間の黙とうをささげ、平和への思いを新たにした。翁長知事は追悼式の平和宣言で、政府と沖縄が激しく対立している米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設問題について「政府は固定観
念に縛られず、移設作業の中止を決断し、沖縄の基地負担を軽減する政策を再度見直すことを強く求める」と述べると、会場から拍手が湧いた。平和宣言で、知事が移設作業の中止を政府に求めるのは初めて。翁長知事は、戦後70年たった今も全国の米軍専用施設の74%が0.6%の面積の沖縄に集中し、県民生活に影響を与え続けている現状にも言及。さらに「沖縄の米軍基地問題は我が国の安全保障の問題で、国民全体で負担すべき重要な課題だ」と指摘したうえで「世界一危険といわれる普天間飛行場の固定化は許されず、『危険性除去』を求めると。あメリカが、世界がどのように反応するのだろうか。

 今日は日がお誕生日の方、おめでとうございます。6月24日(水)の花は「レンゲツツジ(蓮華躑躅)」、花言葉は「情熱」。毒があり牛馬が食べないため、放牧地では大群落となっていることがあるとか。今日は①韓国挺身隊訴訟で高裁判決(ソウル)②北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会(~25日、ブリュッセル)③第1四半期の米国内総生産(GDP)確定値④3カ月予報(気象庁)。また、11時から「なでしこ」のオランダ戦。私は10時30分スタートて゛蒔田「uの会」の学び合い。「傘」の選を勤めます。、印象吟句会「銀河」6月号を拝受。島田駱舟氏曰く「5月の当句会にフリー・アナウンサーの北林きく子さんが出席されました。北林さんはNHK学園主催の川柳大会で司会を数年前からおやりです。川柳を作ることとは無縁だったのですが、当句会のご常連である元NHKアナウンサー村田昭さんのお誘いもあったかと思います。「勉強に来ました」と爽やかに応えていただきました。より良い仕事をしたい、というプロのアナウンサーの魂を見せていただきました」と。文脈、いつもの調子とやや違いますね。駱舟氏の句。
 正論が番外編として届く
 回転木馬年表が乗っている
 日記帳自縄自縛になってくる など



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

安倍翁長凜と向き合う慰霊の日”にコメントをどうぞ

  1. 岡本 恵 on 2015年6月24日 at 7:04 AM :

    茂男さん、おはようございます。
    北林きく子さんは、お声や話し方はもちろん笑顔もとっても素敵。一度でファンになってしまいますね。きく子さんの魅力で大会の雰囲気が格段に良くなっているようです。時間だけを気にするのではなくて、流れに寄り添うようなお心遣いは見事です。目立ってはイケナイし引っ張らなくてはいけないし、難しいお仕事ですね。言葉のプロが作品作りに集中したら、どんなにいい作品ができるのでしょう。楽しみです。
    沖縄の知事さんは立派です。見て見ぬ振りをしていてはいけないと思います。でもどうしたらいいのか難しい・・・。実行力のある世界のリーダーたちも声をあげてくれたらいいですね。
    季節にぴったりの傘のお題。改めて考えるとこれも難しいですね。楽しい時間になりますように。

    • 二宮茂男 on 2015年6月24日 at 7:54 AM :

      恵さん おはようございます。北林きく子さん、恵さんをはじめ、NHKの皆様には、おなじみの方なのですね。それにしても、駱舟さんのペンの運び方がいつもとは少し違う、それほどすてきな方なのですね。句会の流れに寄り添うようなお心遣いの司会役、陰で、ご苦労があるのですね。また、昨日、黙祷のとき、安部さんと、翁長さんの心中を、ふと、思い遣りましました。難しい問題と承知の上で、心情的には、翁長さんの味方です。世界のリーダーたちは、いかがお考えでしょうか。ところで、庭の池の金魚、気持ちよさそうですね。おかげさまで、私も、爽快です。今朝も、ありがとうございます。金魚たちと、涼しげな一日を、お楽しみください。

  2. てじま晩秋 on 2015年6月24日 at 7:30 AM :

    茂男さん、おはようございます。

    パソコン、入れ替えになったのですね。このジャンルの進化は「目が廻る」どころでなく「次元が違う」感です。
    頑張って早く慣れて下さい。ですが―考えて見ると僕達は「しあわせな世代」であると―いつも思ってます。ともあれ、器械は付き合う程に「心を開いてくれます」から。

    • 二宮茂男 on 2015年6月24日 at 8:05 AM :

      晩秋さん おはようございます。正直、パソコンとは縁が切れませんが、おつきあいの範囲は、限定的です。ソフトは、老人が使いやすいという「7」、発売になったら「10」に入れ替えられるとのことですが、「7」で充分です。変えるつもりはありません。 一所懸命、早くなれるように致します。励ましの書き込み、ありがとうございます。

  3. 上野楽生 on 2015年6月24日 at 9:27 AM :

    昨日は「沖縄慰霊の日」であり、70年前の米軍による沖縄県民虐殺が終結した日です。
    終戦後はその憎き米軍によって土地を奪われ、70年間米軍基地によって圧制されています。

    普天間から辺野古への基地移設はベターではありませんが、周辺情勢を考慮するとやむを得ない措置だと考えます。
    翁長知事もそれを承知の上ではあっても、戦中戦後の沖縄県民の心情を察して余りあり、県民の心情を代表して反対運動をされています。

    安倍総理も辺野古への基地移設はやむを得ないとしても、沖縄県民の心情をアメリカ政府にもっと言うべきだと思います。
    アメリカは「勝てば官軍」で、沖縄戦、原爆投下、大都市無差別爆撃、引いてはベトナム戦争での一般住民虐殺に対して、一度たりとも謝罪したことがありません。
    世界中に謝罪すべきは、日本ではなくアメリカです。

    アメリカが世界に残す負の遺産     楽生

    • 二宮茂男 on 2015年6月24日 at 10:08 AM :

      楽生さん おはようございます。昨日の黙祷、四人に一人が戦争の巻き添えになって死んだ「慰霊の日」。それから、70年、それから、ずっと基地ですよね。私は、座間の友人宅に泊まり、ジェット機の爆音を体験しましたが、半端ではありません。翁長知事があそこまでがんばる気持ちがわかります。格調高い書き込みをありがとうございます。「アメリカが世界に残す負の遺産 楽生さん」、深く、響き合います。ありがとうございます。

  4. 佐藤 千四 on 2015年6月24日 at 12:55 PM :

    こんにちは。
    静かな慰霊の日ではなかったようですね。辺野古反対と安倍打倒の怒号も飛び交ったとか。楽生さんのお言葉尤もです。日本人の寛容の精神を駐日米大使はどんな気持ちで受け止め参列したのでしょうか。アメリカ国内での受け止め方も様々なのでしょうねえ。

    正論が右や左や裏表

    • 二宮茂男 on 2015年6月24日 at 4:44 PM :

      千四さん こんにちは。慰霊の日、辺野古移設反対、安倍内閣打倒の怒号で騒然としたそうですね。国内的には、支持率も下降傾向、延長国会も、一悶着ありそうですね。日米間の固有の問問題ではなく、国際世論も入れて、延長国会会期中に、話し合いたいものです。「正論が右や左や裏表」、安部さんも正論、翁長さんも正論、オバマさんも正論かもしれません。今日も、ありがとうございます。ところで、「ナデシコ」勝ちましたね。「ナデシコが勝って褒めたいチューリップ」おめでとうございます。遅くなりました。ごめんなさい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K