Loading...Loading...

 民主党代表選は、菅首相と小沢前幹事長との一騎打。「脱小沢」か「親小沢」の権力争奪ではなく、日本の針路を論じ合って雌雄を決して欲しい。二人の仲介に動いた、鳩山氏が小沢氏の要職起用を含む挙党態勢の構築を求めたのに対して、菅首相は難色を示した。小沢氏は反発し、菅首相の無投票再選を容認すれば、党内で孤立しかねず、窮余の決断になったものとみられる。私は、菅さんですね。

 今日は、湘南台川柳会で学ばせて頂きます。早退で、長男の同級生の父・故西牧三男氏の通夜に駆けつけます。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K