Loading...Loading...

百日紅の花言葉は、雄弁、愛嬌、不用意、あなた信じます。中でも私は「あなた信じます」が一番好きである。それは、今、遠藤周作の「おばかさん」小説の中の、主人公、フランス人の、ガストンさんという、お人よしのせいかもしれない。

 

ピカドンの日は12歳、国民学校高等科1年生で、勤労奉仕の為、丁度朝礼をしていた。一瞬、ピカっと光り、ドーンと山が動くほどの音がして、しばらくしてから例の、キノコ雲が垂直に天へ昇って行った。その日学校から帰ると母は、目から火が出たと言って、布団に伏せっていた。

家内をディサービスへ送り出して、泌尿器科、耳鼻科と病院の梯子。二つとも命に別状はない上に、泌尿器科の先生からは、野村さんは元気ですね、顔の色つやも良いしと言われ、返す言葉もなかった。

万歩計は4.160歩



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ピカドンの日にも咲いてた百日紅”にコメントをどうぞ

  1. 前中 五一 on 2022年6月30日 at 9:40 PM :

    よく本読まれますね、私も読書は好きですが、朝から晩までつきまとわれて好きな本も読めずイライラが募ります、自分は死んだも同然で何も出来ません、

  2. 野村 賢悟 on 2022年7月1日 at 8:24 PM :

    これが私の楽しみの一つです。今日も眼科へ行ってきましたが、本を読む資力は大丈夫の様です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K