Loading...Loading...

CIMG1438 CIMG1440今日は312人の参加。いつものことながら、後期高齢者は元気である。どこの世界でも同じことであるが、上位入選の常連の人は、自分の力を自慢したがる。ここまでなら可愛いものであるが、他の人を暗に軽蔑し、自分を絶対視するようになる。こうなってくると、輪がぎしぎしと音を立てて軋みだす。たかがGGと思うが、そうはいかないようだ。私はこの年まで生かさしていただいて感謝こそすれ不足ない。そうかといって私だって入賞はしたいと思うが、私は私なりのノルマを課して、私の励みにしているので、他人と比べて云々は思わない事にしている。今日の成績も入賞6位までのスコアは、47が3人、48が3人立ち入るすきは無い。ちなみに私の成績は目標、60に対して54で自分では感謝している。

上記の様な事は、川柳の世界でもしょっちゅう起こっていて、やれ本格だ、詩性だなどとかしましいがそれは、その仲間内で自己満足すればよいのであって、他人の句にケチをつけるものではない。「川柳に師なし、されど会う人皆師なり」と教えてくれたのは、今無き石原白峰氏であるが、けだし名言である。各地で開かれる大会も、初戦は格闘技あるから、1句より2句3句とたくさん入選したいし、たまには上位入選のしたいと思うのは人情である。しかしあまりそれにこだわると、私の様な者は、楽しくなくなる。それでも、知らない人と友達になったり、酒でも飲みながら、天下国家を論じながら、飯を食うのも楽しみの一つである。

晩のウオーキングは90分。万歩計はGGと合わせて、15.801歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

この中の負けず嫌いが和を乱す”にコメントをどうぞ

  1. 大木雅彦(彦翁) on 2017年4月22日 at 5:53 AM :

    おはようございます、お元気ですね。
    石原伯峯「川柳に師なし、されど会う人皆師なり」、いい言葉ですね。
    何も願わじ水の流れを見ていたり「西品寺・伯峯句碑」いい句ですね。
    今月17日、16回忌。
    私は1年半、月2回、各20句、郵便で添削をしてもらいました。
    3日以内に朱で添削し、返送して下さいました。
    ご多忙の中、素人の句に丹念に目を通して下さいました。
    それが今の私の川柳です。
    感謝しています。

  2. 野村 賢悟 on 2017年4月22日 at 7:50 PM :

    雅彦様こんばんわ

    私のつたないブログ、いつも読んでいただいてありがとうございます。伯峯の文字を間違えていたのにそれとなく注意して下さる雅彦さんの人柄に改めて惚れ直しました。これからもよろしくお願いいたします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K