Loading...Loading...

CIMG1437 CIMG1436市長肝いりの歴史館は今の所入館者は順調のようだ。ハーモニカの練習場の建物の1階にある歴史館は教室がある日にはたいがい覗いてみる。

今日はハーモニカの練習日。4/29の発表会では、全員で演奏するのは、三原市出身の、作詞家、武内俊子作詞の、「カモメの水兵さん」と「村の船頭さん」を、第一、第二、ハーモニカとバスコードのアンサンブルで演奏し、もう一曲は、三原やっさをハーモニカ一本で全員が吹く。それより別に各班ごとに、アンサンブルの演奏をする。私の班は「水色のワルツ」この曲は。メロデイが感情をこめて、早からず遅からず流すのを、第二ハーモニカとバスコードが支えると言う、一見簡単に見えて中々難しい。もう練習日は無いのでみんなの練習に懸っている。発表会の後は楽しい反省会が待っている。

昨日の展望の続き、

青信号命の保証などしない

円周率3ではできぬ核兵器

間の抜けたくらいが丁度良い夫婦

っ戦争と握手している市場主義

夕飯の後はプール。歩きと泳ぎで1.500m。1回340円は高いと思うが、ここには、シルバー料金が無い。だいたい、週2回平均なので何とか続けられる。万歩計は10.307歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K