Loading...Loading...

今はもうこんな元気はないが、今、兼好さんの遺言 清川妙著を読んで元気を貰っている。清川妙女史は、2014年に、93歳で亡くなっているが、この本は、亡くなる少し前に書いたものと思われる。若くして夫を亡くし、息子さんを、40代で亡くし、自分も大病をし、世の中の不幸を一心に抱えこんだようなときにも、折に触れ、徒然草を開いて、兼好さんから、今の自分の生き方を教えてもらいながら、生きていく姿に今の私は勇気を貰っている。まだ半ばまでしか読んでいないが、楽しみにしている。

今日も又雨。春とはいえ 1月の雨は冷たい 雨の中杖をついての 散歩はきつい、雨の中風邪をひいては 元もこもない 歩数は616 歩速は毎分25m もう若いころには戻れない 家内が、自分で片づけた パジャマがないと騒いでいる この前買ってきた パジャマを 着てくれなっかったのに 出してやったら、何も言わずに来てくれた

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K