Loading...Loading...

公民館サロンへ家内と一緒に行く。ラジオ体操に始まって、脳トレ体操に終わるが、時として、みんなで季節の童謡を歌うこともある。たまたま今日は、皆さんと一緒に、こいのぼり ♪やねより/たかい/こいのぼり を歌った。歌い終わったところで、私が、ちなみに今のは、ひらがなの、鯉のぼりで、漢字の鯉のぼりは、別にあると言ったら、みんなきょとんとして、漢字の鯉のぼり?と皆さんご存じないようであった。これはタイトルが、「こいのぼり」とひらがなであるのに対し、「鯉のぼり」と鯉が、漢字で書かれている。

私が、♪屋根より高いと、歌いだしを、歌ったら1/3くらいの人は知っていたが、後の2/3の人は、漢字の鯉のぼりを知らなかった。ますます昭和は遠くなったようです。

ちなみに、お雛さんの、♪あかりを付けましょは、多くの人が知っているが、♪雪洞に灯を入れるとて/電灯ことさら消すもよし のひな祭りの歌は、ほとんどの人が知らない。それもそのはずこの歌は、昭和16年、尋常高等小学校3年生の頃に習った歌である。

万歩計は3.036歩



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

直角に河を横切る鯉のぼり”にコメントをどうぞ

  1. 完司 on 2022年5月10日 at 10:47 PM :

    こんばんは~~。
    漢字の「鯉のぼり」は、♪ 甍の波と雲の波~~重なる波の中空を~~たちばな薫る朝風に~~高く泳ぐや鯉のぼり~~! 私はこの歌が大好きでカラオケでも歌います。

  2. 野村 賢悟 on 2022年5月11日 at 9:22 PM :

    いつも気にかけてくださってありがとうございます。私もあっければ、卒寿。もうどこにも出せません。家内の看病で精一杯です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K