Loading...Loading...

今日、月1回のケアマネさんがやってきて、来月のデイサービスの計画書を持ってきていただき、捺印の上来月もよろしくとお願いをしておいた。ケアマネさんは家内といろいろ、話をしながら情報をチェックさる。帰りに、国からのマスクだと2枚置いて行かれ、コロナの関係か、室内でやる体操のDVDもくださった。早速座って家内と一緒に、DVDを見ながら体操うした。三日坊主にならないように明日から、日に1回はやることにしたいと思う。

 

プランターに植えた、空豆が収穫できたので、早速塩ゆでにして、缶ビール(350)を家内と二人で飲んだ。家内と飲んだと言っても、家内は口をつけただけである。これからは、かぼちゃ、キュウリ、トマトと次々食卓に乗せることができるが、そのころには、スーパーも安くなって、たくさん出回るが、我が家でとれたものは、無農薬である。キュウリやナスと違って、豆は、10月頃植え付けて、5~6月頃収穫。つまり年度を越えないと、収穫ができない。つまり、来年も生きていますようにというう思いで、毎年植えている。今年も生きて、豆が食べれたと思うと、何やら満足感に浸ることができる。

豆といえば、終戦直後物のない時代の事を思い出す。私が子供のころ住んでいたところは、安芸門徒と言って親鸞聖人が御開山の、浄土真宗が盛んなところで、5/21はその親鸞聖人の誕生日である。その日を祝って、巻きずしなど弁当を持って、野山に出かけみんなで食べる習慣があった。母子家庭の我が家、貧乏なので、巻きずしはできないが、丁度今の時期、そら豆の塩茹でを持たせてくれたのを、今でもよく覚えている。そんなことからか、旬のそら豆、格別味がするのである。

晩飯は、その、豆の塩茹でと、肉じゃがをして家内に食べさせる。万歩計は、3.980



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K