Loading...Loading...

閉会中審査が衆議院と参議院で行われた。国民には問題が藪の中で、ますますストレスが溜まるばかりである。質問する側は、ある程度証拠を並べて責め立てるが、応える側は、のらりくらり、総理は「国民には、丁寧に説明します」と言うものの、肝心な、所は話をしない。こうなれば、誰かが嘘をついているとしか思えない。

昨日に続いて、今日は恒例のGG練習日。家内も頑張って4ゲームこなす。私のスコアは、4ゲーム79。ここの所、成績は自分にとってはまずまず。

久しぶりにウオーキング60分。万歩計は、9.097歩。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

藪の中だれかが嘘をついている”にコメントをどうぞ

  1. 田辺与志魚 on 2017年7月27日 at 7:41 AM :

    暑中お見舞い申し上げます。ごめんねごめんねと云いながらみかんを間引いています。
    芥川の「藪の中」読み返してみました。誰が嘘をついているのか何処でつじつまを合わせたのか、本当に見事ですね。暑さが続きますご自愛のほどを。

  2. 野村 賢悟 on 2017年7月27日 at 8:31 PM :

    与志魚さんこんばんわ 毎日暑いですね。時々の返信、大変力になります。いまプールから、すっきりして帰ったところです。
    閉会中審査のテレビて、野党の質問に与党が答えているのを見て、なぜか芥川の、藪の中を思い出し、森友・加計・防衛省問題の中の誰かが嘘をついているように思えて、できた一句です。
    三原の方では、ミカンは摘果と言います。間引くのは、これから植える、大根や白菜など、こ菜を間引くと言います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K