Loading...Loading...

正月の飾り物や縁起物を燃やす伝統行事「どんど焼き」を巡り、福島県内で原発事故による放射性物質の拡散などを懸念して自粛する動きがでている。町の一部が計画的避難区域になっている川俣町の春日神社には、例年通り氏子らが持ち込んだ飾り物が山積みにされたまま。吉田宮司・80歳は断腸の思いで自粛を決めた。「焼いて神様の元へ返せないのは残念だ」と嘆いている。お札や飾り物はゴミになるのでしょうか。

今日は、第198回「二宮川柳会」の月例句会、楽しく学び合います。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

輪になってこころの中のどんど焼き”にコメントをどうぞ

  1. 佐藤 千四 on 2012年1月8日 at 10:38 AM :

    おはようございます。
    「どんど焼き」ができない 寂しい、悲しい、やるせない思い。
    当町では以前から自然保護から小さな紙の松にしています。注連縄も印ばかりです。問題物質は関西並みだと思うのですが・・。「納める」のではなく「捨てる」感覚の人が増えているのも事実です。神様も戸惑っているでことしょう。

       うちのカミさんも出したやどんど焼き
     

  2. 山田こいし on 2012年1月8日 at 10:47 AM :

    寒中お見舞い申し上げます。
    「どんど焼き天にも地にも還れない」
    神の御座しましたお札やお飾りがゴミに成ってしまっては心が痛みますね、電力の便利さを甘受していた私も天に唾した一人かも知れません。
    黒岩知事の瓦礫受け入れに対する前向きな発言、私も応援したいです。
    寒に入り寒さは更に厳しくなる事と思いますが、ブログを楽しみにしている者としてお身体お大切にと願っています。

  3. 山田こいし on 2012年1月8日 at 10:50 AM :

    追伸。
    コメントを書き終えましたら、佐藤千四様が一番乗りをされていました。
    佐藤千四様、今年も宜しくお願いいたします。

  4. 二宮茂男 on 2012年1月9日 at 8:11 AM :

    佐藤 千四さん
    山田こいしさん
    おはようございます。私の町では、何とか、行います。14日(土)です。今年は、小学校の学級参加がないのが、寂しいです。孫達と、ひとときを楽しんで来ます。有り難うございました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K