Loading...Loading...

京都大学による吉田キャンパス周辺の「立て看板」(タテカン)撤去から一夜明けた14日、早くも撤去に抗議するタテカンが登場した。撤去後の景観を「こざっぱりとしてはる。」と皮肉たっぷりの「京都弁」で評価。一連のタテカン問題を解説したチラシも張り出され、通行人や学生、大学関係者の注目を集めた。東大路通と今出川通が交差する百万遍交差点南東の石垣には、13日に大学が撤去するまで、5月26日と27日に京大熊野寮で行われるイベント「くまのまつり」の告知や、「違反広告物タテカン撲滅。」と書かれた大型のタテカンが複数並んでいた。14日午前には、タテカン撤去後の景観に皮肉を込めたと思われる「こざっぱりとしてはる。」と書かれたタテカンが登場し、A4用紙7枚にわたり、一連のタテカン問題を解説する文章も張り出された。 タテカン撤去について、理学部1年の男性学生は「風情がないですね」。客員教授だという男性は「こざっぱりとしてはる。」の看板を指しながら、「ノーコメントで。でも、ここに書いてある通り」と苦笑い。近くに住む70代男性も「長年住んでいるが、百万遍の景色がこんなに味気ないのは初めて。言葉がないね」と語った。タテカンの京大は京都のシンボル。私は40歳台後半の2年間京都伏見で暮らしましたが「寂しい派」の一人です。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。5月15日(火)の花は「シキザキベゴニア」、花言葉は「 幸福な日々」。今日は①沖縄返還から46年。基地沖縄の悩みが続きます。私は13時町内の老人会。19時30分妙蓮寺客殿で曲題目の稽古。ところで、先人・ユーモア川柳の坂牧春妙氏(1932~2015)の句。私はスランプのとき氏の句集を出して読み返します。

●春妙氏の句
長生きを他人にだけは褒められる
昨日捨てた箱なら丁度合うサイズ
感動かあくびか客の目に涙
私だけ笑った品のない駄洒落
合格を祈る絵馬だけ落ちている など



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

タテカンはニキビ二十歳の京の街”にコメントをどうぞ

  1. 佐藤 千四 on 2018年5月15日 at 8:43 AM :

    おはようございます。
    私は以前観光バスから瞥見したことがあります。大学の文化なのでしょうが京の都には相応しくない印象でした。

        後世には写真で残せ京文化

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年5月15日 at 9:04 AM :

      千四さん おはようございます。やはり京の景観には相応しくないですか。「タテカン」は大学紛争の暗いイメージがつきまといます。賛否両論、いろいろありますね。「後世には写真で残せ京文化」、そういう方法もありますね。今日もありがとうございます。これから暑くなります。ご注意下さい。

  2. 岡本 恵 岡本 恵 on 2018年5月15日 at 12:09 PM :

    茂男さん、こんにちは。
    暑くなっても寒くてもお昼にはお昼ご飯。今日はアジフライでした。キャベツの千切りが美味しいですね。
    立て看板で何を伝えるかにもよるでしょう。他に方法がないなら仕方ありませんが‥‥。学生の情熱も町としての言い分も分かるような気がします。難しいですね。
    返還から46年経って沖縄の人たちの心情は如何ばかりか。何もできなくてやりきれない思いでいっぱい。日本人として同じように平和な暮らしであって欲しいと思います。

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年5月15日 at 12:25 PM :

      恵さん、こんにちは。お昼はアジフライ、キャベツの千切りですか私も大好物です。ところで、京大のタテカン、やはり反対派ですか。容認派、賛成派は少ないですね。また、沖縄、返還から46年経っても変わりません。翁長沖縄県知事さんはガンで闘病中とか。ストレスですね。また、仲間から、NHK 総合14時05分「ごごナマ」枠で「中高年に人気!川柳の魅力」が放送されるとのお知らせを頂きました。講師はやすみりえさんとか。私は老人会を中座します。よろしかったら覗いて下さい。今日もありがとうございます。一日をお楽しみください。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K