Loading...Loading...

巨人のドラフト戦略に変化が生じているという。1位候補の軸は高校通算93本塁打の早実・清宮。さる14日の熊本での招待試合には7000人もの観客を集め、行く先々で「フィーバー」を巻き起こす。遠征しただけでスポーツ紙の一面を飾り、2番打者が敬遠されて勝負されたことが物議を醸す。最後の夏へ、注目度は高まるばかりだ。が、巨人は松井以来、生え抜きのスターがいないといわれて久しい。岡本ら爆発力を秘める高卒の大砲も育っていない。清宮は喉から手が出るほど欲しい人気者であり、スラッガーである。プロ志望を表明すれば、巨人が手を挙げないはずはない。と思われたが、ここにきて風向きが変わっているという。「今年の候補は清宮を筆頭に打高投低といわれる中、巨人が熱心なのは、ナンバーワン左腕の呼び声高いJR東日本の田嶋大樹(20=佐野日大高卒)。スリークオーター気味のフォームで最速152キロ。巨人では山口鉄に近いタイプです。ヤマハの鈴木、中大の鍬原のともにMAX152キロ右腕の評価も高い。球団には、今度こそ1年目から活躍してくれる即戦力、と待望する声がある。清宮はプロ入りか大学進学かを表明していない。高卒ルーキーでいきなり30本塁打するわけではないだろうし、それより即戦力の3投手だというのです」(球界関係者)これから加速するフィーバーとは反比例して、巨人が清宮の指名を回避する可能性が浮上している。ハテハテ、どうなりますか。

今日がお誕生日の方、おめでとうございます。5月19日(金)の花は「ヒナゲシ」、花言葉は「慰め」。今日は①)天皇退位特例法案を閣議決定(東京都)②4月の訪日外国人数(観光庁。私はK眼科。治癒した眼底出血が再発してない確認。ところで、「川柳研究」5月号を拝受。巻頭言で津田暹氏曰く「(略)私たちはサラ川を知っているが社会の一般の人たちは私たちの川柳を知らない。知らせようともしない。知らせる方法として、各ジャンルの川柳と横並びの関係に置けばよい。その横の関係の 一端に公募川柳を位置づければよい。他の端は革新川柳が位置する。その間に時事川柳、伝統川柳、中間川柳、詩性川柳などが含まれる。作品の良し悪しは各ジャンルに存在するのであって、他のジャンルのレベルの低いものを持ってそのジャンルを否定してはならない(略)」と。

●暹氏の句
札束を掴んだことの無い両手
踏台が無いと届かぬ棚になる
たしなみとして老臭を消すコロン
雑草の花が愛しくなって老い
崩れゆく氷河余命を見るように

●28年度賞発表
正賞 昭和から届く日本の忘れ物   阿部  勲
準賞 寝転べばほーら地球を背負ってる 加藤ゆみ子
佳作 いちにちの幸生き生きと物忘れ  豊巻つくし
主語がある戦争主語がない地震    城内 光子
橋はまだあるこの先の好奇心       齊藤由紀子
まだ生きる悪いことでもするように     伊藤三十六
ひとを抱くのに丁度いい手の長さ    佐藤  正
丸四角あっておでんの民主主義    川田桂主子

●茂男の句
飾り窓開けていのちのファンファーレ
合掌で芽吹いた梅へ陽のめぐみ
悪友になり切り今日のアドバイス
老いの背へ政治のムチに身がすくみ
よく笑う仏に鬼の足すくむ など



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

清宮もいいが豪腕田嶋さま”にコメントをどうぞ

  1. 岡本 恵 岡本 恵 on 2017年5月19日 at 11:12 AM :

    茂男さん、こんにちは。
    野球は話題に事欠きませんね。毎年新しい選手は出てくるし‥‥。ドラフトもどうなることでしょう。

     悪友になり切り今日のアドバイス

    ご自身がアドバイスをしてあげたのかしら。悪友という名の最高の心友なんですね。そんな関係のお友達はお互いに生涯の宝物だと思います。
    川柳研究年度賞はさすがの作品ぞろいで勉強になりました。ありがとうございます。

    • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2017年5月19日 at 12:07 PM :

      恵さん、こんにちは。事欠かぬ野球の話題の一つに、高野連に初めて女性理事がお二人が加わり、大所高所から高校野球に女性の視点が入り込みます。この夏の甲子園とその県予選で、あっと言う改革がありましたら、きっと、このお二人のご意見です。ところで、お隣の中一のK君、固いボールのクラブチームで球拾いをしていますが、来年は楽しみです。また「悪友になり切り今日のアドバイス」、ここ一番の助言は鬼になり切ります。川柳研究は私も学ばせていただいております。面白い句がありますね。今日もありがとうございます。初夏のような今日一日をお楽しみ下さい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

野村賢悟 配信予告
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K