Loading...Loading...

最近自民党が改憲の草案をまとめたことで、有識者と言われる、護憲派、改憲派の先生が新聞紙上で論陣を張っておられますが、それをつぶさに読んでみると、物騒な言葉が飛び交っている。最近どこかの大会で「死語」と言う兼題が出ていたが、死語を思い出してみると「メーデー」「大東亜」「御真影」「奉安殿」など思いつくが、これら死語になったと思われる言葉が、改憲論の中で生き返っているように思われる。そこで冒頭の句になったと言うわけである。

GGの練習日、家内と二人で参加。私は4ゲームでホールインワン2個で、79.内訳は19.17.20.23でどうしても4ゲームとも、20を切るわけにはいかない。この壁に体当たり毎回しているのであるがどうしても破れない。

夕食時の晩酌はワイン。ワイングラス8合目で終わり、720㎜リットルを4日であける。それくらいでちょうどよい。晩のウオーキングで万歩計は8.762



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K