Loading...Loading...

CIMG1151 CIMG1150 CIMG1149平成28年度の老大民謡も、あと2回の授業と、発表会を残すだけになった。今日は今までに習った曲、篠山節(兵庫県)~、津軽木挽き唄(青森県)まで11曲を1回おさらいをして、残りの時間は、津軽木挽き唄を集中的に繰り返した。このように尺八だけの伴奏の歌を、この世界では「長物」と言って、リズムよりもメロデイを大切にするので、個人差の出る曲であるらしい。歌詞は飾り気のない作業唄なので好感を持て、私の好きな曲である。ちなみに1番だけの歌詞を書いておきます。

ハァー 木挽き稼業は ハァー 呑気なものだヨー (ハァー ジャリコン)

ハァー 明け暮れ谷間の ナンダ 水の音ヨー (ハァー ジャリコン ジャリコン)

午後家内が美容院へ行ったので、その留守に私はサウナ。みはらし温泉のサウナ室は海が見える。海が見えると言えば、尾道の市立美術館のロビーも、海が見えるので有名である。ここの温泉も海が見えるのでよく通っている。海の景色は掲載の写真のようにいろいろな船が行き来するので楽しい。今日は島通いのフェリーと高速艇が通り過ぎて行った。

今日は幾分暖かかったので、ウオーキングは90分。万歩計は10.579歩。とりあえずノルマを果たす。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K