Loading...Loading...

TPPへ中国が入りたいと言い出した。アメリカも色気を出している。戦後畳から椅子に変わって、朝ごはんはパンとコーヒーに変わった。日本には自給率をあげる食物は、米以外にないのだがら自給率が下がるのは目に見えている。政府も、アベノミクスにこだわって、市場拡大を至上命題にしているので、日本の米作のことは、真剣に考えていない。終戦後、芋麦御殿が建ち、金持ちの家から、着物や宝石が芋麦に変わったのをよもや忘れたとは言わせない。自給率が、一旦下がって、食料安保のバランスが崩れた時に、ものを言うのである。

今日も歯科で抜歯。はーモニカ欠席。明日の男料理教室も欠席。入れ歯が完成するまでに何日かかるやらわからない。

家内の幻想による訳の分からい、話は次第に頻度が上がるようだが、身体が元気なのには救われている。

万歩計は、4.049歩

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

畳みから椅子へ日本の自給率”にコメントをどうぞ

  1. 前中 五一 on 2021年10月21日 at 9:48 PM :

    それは大変ですね、我が家でこの家はよく物がなくなると言うとります、?自分がなくしたとは思っていないですよ、⤵️⤵️

  2. 野村 賢悟 on 2021年10月22日 at 8:58 PM :

    先日は4:30に起こされる。見ると服をきちんと着かえ、葬式にに行くので、香典をだせと言うので、何処の葬式かと聞いても、それは分からない。仕方ないので、財布に、金を入れてやると少し、安心したのか何も言わなくなったので、私は寝て、6:00頃起きたら、テレビを見ていて、夜中のことは半分以上忘れていた。朝食の催促をしたら、素直に食べてくれ、ディサービスへも素直に言ってくれ、デイサービスでも問題行動はなかったようです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K