Loading...Loading...

最近はシュレッダーが流行らいのか、答弁書は黒塗りが多いようだ。いかにも隠しましたといわんばかりの、黒塗りは、シュレッダーよりも程度が悪い。まもなくオリパラが始まるが、緊急事態の中でもオリパラが出来るのは、世界でも日本だけだという兵もいる。IOCやアメリカに煽てられているとも知らずに。辺見庸ではないが恥を知れ。

戦前9歳で楽壇デビューを飾ったバイオリンの天才少女、辻久子に、軍部から耳を疑う頼みごとが舞い込んだ。空を飛ぶ軍用機の音から機種はおろか形式まで聴き分けよと言うのである。戦況が深まると、潜水艦がどの方角の何キロ先にいるか、エンジンの音から当てよ試された。一昨日訃報が届いたバイオにストの辻久子さんの打ち明け話が、今は亡き落語家の対談集「一芸一談に見える。ここまで中国新聞天風録より。

潜水艦の音を探知する役目だった、奉行草創期の会員だった、田中一雄(故人)からこの話を聞いたが、辻久子さんには、かなわなかったと思う。

万歩計、4.184

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K