Loading...Loading...

初代の苦労をもう聞く人はいなくなった。いずれこの棚田を耕す人はいなくなる。人間の驕りは、どこまで続くのであろうか。コロナの終息が見えない中、件(くだん)の予言を期待するのも、あながち無駄ではないかもしれない。件は、江戸時代から出現が見られる、予言獣で、文字通り人と牛が一体となった姿の、妖怪で生まれてすぐに予言を行い、すぐ死ぬと言う代物。明治時代には、日露戦争を予言し、昭和の太平洋戦争は、終戦を予言したと言われている。コロナの終息の予言を待つしかない。

午前中は、ケアマネージャーがこられて、家内の,体調の様子を聞きながら、9月の、デイサービスの予定を組んでいただいた。

午後は、私の方の注射。だいぶ良くなったので、こう1回くらいで終わらせたい。

肩の注射のため、風呂に入れないので、夕食後のウオーキングは中止。万歩計は、2.424



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K