Loading...Loading...

拉致被害者の、めぐみさんの父親、滋さん87歳が、亡くなった。拉致されてから、43年。夢はとうとう果たせなかった。当事者でない私は、滋さんの気持ちの、十分の一も、痛みは分からないが、総理のコメントが白々しく聞こえるのは私だけではあるまい。

家内をデイサービスへ送り出して、私はサウナ風呂へ行って、骨休みをしたが、メジャーに乗ってみると、58kgしかない。ここ5.6年の間に、60・59・58kgとだんだん減ってきたが、どこまで下がるのか、心配は尽きない。何としても、家内を送らないと、旅立ちは許されないので、頑張っているが、思うようにいかないようだ。

先日お好み屋の雑談で、東京アラートの、アラートってどういう意味かで議論になったが、これらしいと思われる答えはであなかった。昨日、天風録に面白い記事が出ていた。アラートは警戒、つまり「見張りにつけ」だそうで、アラームは、もっと差し迫った状態で、「武器を捕れ」だそうである。どちらが良いかは、言わずと知れたことである。

晩飯は、烏賊の塩焼きと、キュウリのなますに、貰い物の蒲鉾他練り物で済ます。

万歩計は、1.600歩と少なかった。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K