Loading...Loading...

その八月は遠にすぎ、九月も十五日。明日は敬老の日。八十歳を超えて、二人とも町内会から招待されている。余興に、ハーモニカと民謡で、舞台に立つことになっている。家内にハーモニカを吹くので歌ってねと言ったら、歌詞をを50枚ほどプリントしておいって呉れと言われた。どうやらみんなに配るようである。すぐにはいはいと、月の砂漠を、プリントしたら、予行演習だと言って、30分ほど、ハーモニカを吹かされた。小さい声ではあったが、歌詞を見ながら歌ってくれた。

今日は家内のデイサービスの日。時間道理に出て行ってくれた。敬老会と言えば、次回21日のデイサービスの日は、施設で敬老会のお祝いをするので、余興にハーモニカを吹いてくれと頼まれている。その施設は、家内がお世話になっている以前から、何回かボランテイアで、ハーモニカを吹いているので、その流れでの依頼であるが、今度は家内もいるので、少し緊張している。

相撲は上位のばたばたが続くので、興味半減だが、家内が好きなので、5時ころからは2人で見ることにしている。カープが巨人に延長の末、やっと勝ってくれた。万歩計は、7.814歩かろうじてノルマぎりぎり。

家内のデイサービスの間は、いつものように、サウナ。

 

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K