Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(87)

「川柳漫遊記」の合間の「ベストコレクション」です。

十数年ほど前に両親を亡くし、一昨年は姉を亡くし、今年は妹を亡くし古里との縁はだんだん薄くなっていく。年老いたら古里に帰ろうと家内と話していたのだが、北陸の冬の雪(雪下ろし)を思うと風は強いが晴天の多い関東に居ついてしまう。古里の友人たちとも年賀状のやりとりで安否を確認するぐらいで、以前のようにクラス会もほとんどなくなった。淋しい思いがある。この句は10年以上も前の句で、折々に古里の便りが届いていた頃の句である。古里へ帰る機会は少なくなったが、何か古里に忘れ物をしているような気がしている。今になって逢いたいと思うひともいるのだが…。

折々に風の便りを聞いている   潤

*佐賀からはこんな便りも…。

https://www.saga-s.co.jp/feature/imakoko/202008b



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K