Loading...Loading...

IMG_1091

火曜日は東京で退職する後輩の送別会。早目に東京に着き上野公園にある東京芸術大学の美術館へ。

meijikogei[1]「驚きの明治工藝」金属などの微細な工芸品が展示されている。友人に招待券を貰ったのだが、その高齢の友人は台湾のご出身で展示されている工芸品はすべて友人のお姉さまの息子さんのコレクション!明治の工芸品が台湾のコレクターにより所蔵されているのだ。友人も相当なお金持ちだが、その御親戚の方も相当なお金持ちなのだ!日本ではなく台湾でこれらの素晴らしい工芸品が守られているのは少し悔しい。家に帰り家内に「一つぐらいプレゼントしてくれないかねえ」と言ってはみたが、保管管理する自信はない。

台湾が守る明治の秘宝たち   潤

 

後輩の送別会は行きつけの蕎麦屋(夜は居酒屋風)!蕎麦屋の女将は東京の柳社でしばらく一緒だった。そんな縁で東京勤務の時はみんなを連れてよく飲みに行っていた。

IMG_1096一番右端が女将!現在は川柳よりも「そば婚」に精を出している。「蕎麦屋主催の合コン」もうかなりの数のカップルを生み出したそうな。少子化対策に貢献している女将、新聞にも取り上げられたことがある。新葉館出版「あなたのそばに」の著者でもある。

時々は東京まで足をのばし、後輩たちと酒を酌みあうのも楽しみのひと時である。

 

追伸 本日10月7日の朝日新聞「ひと」欄に台湾のコレクター、宗培安さんの記事が掲載されています。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K