Loading...Loading...

14.5年前はこんな気持ちも、少し残っていたが最近では、行政による介護がなくては、やっていけない時代になった。看護師の娘でさえ、自分の親の看護に躊躇して、母親の事を、デイサービスに行かしたらという始末である。自助、共助、公助と言うけれど、最後は、自助に大きく頼ることになるのはいつの時代でも同じの様である。

午前中は、尾道川柳同好会に出席。「命」の共選で。、最高の6点を取った句は、「産声はまだかまだかと満ちる潮」だった。ちなみに私も1点入れた句である。

総裁候補が、菅さんの立候補表明によって全部出そろった様だ。メデイアも自民党内部も、世論も、菅、有利の話の中での、立候補表明は、いかにも、談合の極みと言うほかはない。岸田さんにすれば、こんなはずでは、なかったのにと思っても、今更引くわけにもいくまい。おまけに、自民党の全員による投票ではなく地区割の投票では、いかに石破さんが、地方に人気があっても届くまい。国民に投票権がない以上、安部政権を引き継ぐことになるであろう、総理は、安部さんの汚点をひっかぶる覚悟があるのだろうか。

晩飯は、高

いので、解凍の秋刀魚を買って、大根おろしを添えて食べた。

万歩計は、4.718



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K