Loading...Loading...

毎年寒い冬になると食べたくなるのが鱈料理!

海のない群馬県では、新潟の寺泊から直送している大きな魚屋さんがある。年に一度は「真鱈」(メス)を一本買い求める。入荷していない日が多いので電話で確かめてから出かけている。無料で捌いてくれる。鱈料理が好きな家内は、家に帰り「子付け」「昆布締め」「子の煮つけ」の鱈料理にとりかかる。子付け(写真)は、鱈の切り身に鱈の卵を塗したもの。昆布締めは数日寝かせた方が美味しい!日本酒にぴったり!!雪国出身の私たちはこのように古里の味に浸っている。一本を買うと年寄り夫婦には多いので、出来た料理は子供たち三家族に送っている。長女から、「子付けをあ~ちゃん(中学2年生)に出したら、お醤油じゃなくてバアバの手作りのつけ汁(煎り酒)の方が美味しいと生意気なことを言っていた」との返信。孫娘にも鱈の子付けの味が分かってきたのかも知れない。来年も送ってやろう…。

鱈料理味をしめたか孫娘   潤

今日(1月25日)は、

【日本最低気温の日】 1902年旭川市でマイナス41℃を記録。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

鱈料理...”にコメントをどうぞ

  1. なごみ なごみ on 2021年1月25日 at 8:02 AM :

    ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ございます。ご無沙汰しております。
    どれも美味しそうな真鱈のお料理、羨ましいです。

    • 勢藤潤 on 2021年1月25日 at 2:23 PM :

      なごみさん

      コメントありがとうございます。山梨県も海なし県ですねえ~。「ほうとう」は好きですよ!やはりカボチャが美味しい!早くコロナが収まって大会でみんなと会えるといいですねえ。お元気でお過ごし下さい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K