Loading...Loading...

ひな祭りの時期になると我が家では雛壇を使って「押絵の虫干し」が恒例行事になっている。これは「加賀押絵」といって石川県に伝わる伝統工芸品です。金沢で育った家内の祖母が小さい時に習い、家事の手が離れた晩年に趣味で作っていたものです。羽子板にあしらわれている人形のようなものと思って頂ければ大差ない。縮緬(ちりめん)の端切れで真綿を包み、その素材でいろんなものを作製している。色紙、短冊、栞、小箱、大箱、掛軸、屏風、手毬…。とても真似のできない細かな作業が施されている。作っては近所の子供たちにあげていたそうで、現在我が家に残っているのは約百数十点である。家宝として大切に保存しているが、この虫干しの時期には興味のある方が見に来られている。先日もよく似た手芸をやられている方がいらっしゃったが、素材の縮緬は今はなかなか手に入らないそうだ。今年の虫干しには隣り町に住む孫娘が手伝いに来た。少し興味があるようで、我々がいなくなってもこの押絵をずっと守っていってくれると期待している。

伝承の押絵を守る孫といる   潤



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

伝承の...”にコメントをどうぞ

  1. なごみ なごみ on 2021年2月25日 at 7:34 AM :

    おはようございます。
    素晴らしい作品ばかりですね。お近くなら私も実物を観させて頂きたいです。
    本当に家宝ですね、お孫ちゃん引き継いでくれるといいですね

    • 勢藤 潤 on 2021年2月25日 at 7:47 AM :

      古き良き日本の香りを楽しんでおります。
      群馬にいらっしゃることがあればお立ち寄り下さい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K