Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(92)

「川柳漫遊記」シリーズの合間に入れるこのシリーズ、目標は(100)なのですが、なかなか届きません。まあ、おいおいと頑張ってみます。

6年前に退職したが、その後は暇な毎日である。「沢山の柳社に入っていらっしゃるからお忙しいでしょう」と言ってくれる方もいらっしゃいますが、サラリーマン時代の忙しさに比べればなんのことはない。サラリーマン時代と同様に朝起きると「今日の仕事」を書き出すクセ(主に川柳の締切)は変わらないが、今は書き出すことが無い日も多い。テレビもつまらないし、本を読むとすぐ眠くなる…。この句の「余計なこと」とは?この句を作った時は「川柳漫遊記」の出版を考えていた頃、家内にとってはこんな本の出版はとても「余計なこと」だったであろう、他人に見せびらかすようなことは嫌いな性質だから…。今でも毎日「余計なこと」を探しています。あ、写真は本人ではありません。

今年の目標のひとつに「庭の花をすべてチェックする」がある。ことしも最初にウメの花が咲き始めた!

暇つぶし余計なことをしてしまう   潤

今日(2月21日)は、

【日刊新聞創刊の日】 明治5年日本最初の現在の毎日新聞が創刊された。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K