Loading...Loading...

前回いつもお世話になっている美熟女のお二人から「髭面が見たい!」とのコメントがありました。むさ苦しい実物はとてもお見せ出来ません。が、昔サンタになったことを思い出しました。十年ほど前のことですが、契約している山中湖のログハウスから「会員の方がクリスマスにフラメンコショーをするので来ませんか?」とのお誘いがあり、手ぶらで行くのも気が引けたので「サンタさんしましょうか!」と自己申告してしまいました。安物のサンタの衣装を買い、十数人の子供たちへのプレゼントを用意して参加しました。プロ並みのフラメンコが終わり、サンタの登場!子供たちの笑い声!かなり緊張していました、何を言って子供たちにプレゼントを配ったかも覚えていません。写真を見ると髭が少しずれています(笑)。しかし、いい思い出の髭姿です。髭面はこの写真でご勘弁を願います。

フラメンコあとのサンタは笑いもの   潤

今日(1月10日)は、

【十日えびす】 日本三大えびすとされるのが、西宮神社(兵庫)、今宮戎神社(大阪)、京都ゑびす神社(京都)です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

フラメンコ...”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2021年1月10日 at 8:03 AM :

    おひげの公開ありがとうございます
    ちょっとずれているのがユーモラス。やさしいサンタさんですね。お似合いです。
    「フラメンコ。。。」と書いてあったので世界の旅のお話かと思いました。
    スペインへ新婚旅行で行ったとき、セビリアとマドリッドで本場フラメンコを見ました。
    セビリアは大きな舞台で若い人たちが主体。ものすごいエネルギーでした。スレンダーで美しい男女の踊りが情熱的でパワー全開でした。マドリッドでは小さな酒場みたいなところで年のいった女性とギタリストの音色がなんとも哀愁を帯びていました。両極端なフラメンコでした。

    まだお若いしお元気なのでこれから伸びる髭に期待値大きいですね。
    父は92歳ですがもう髭をそる気力もないようで白髪の髭があごからしょぼしょぼだれていて、まるで山羊のようです。
    娘はヒゲ男が大好きで彼に伸ばさせていましたが、さすがに結婚式の時は周囲から「カッコ悪い」と批判を受けてそりました。
    息子たちは一人は濃いのですがもう一人は永久脱毛しているようです。若い今の男たちはそういう人が増えているみたいです。

    • 勢藤潤 on 2021年1月10日 at 6:49 PM :

      このみさん

      コメントありがとうございます。新婚旅行でスペインとは羨ましいです。スペインは数年前に出かけましたが、アルハンブラ宮殿が良かったです。学生時代先輩がギターで「アルハンブラの思い出」を弾いていました。チャレンジしてみましたが難しくてダメでした。スペインの旅は「川柳漫遊記」には掲載していません。いつか「川柳漫遊記Ⅱ」を出版する時があれば掲載しますよ。早く海外の旅ができるような日が来ればと思っています。今年もコメントよろしくお願い致します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K