Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(89)

ベストコレクションのシリーズです。長女の結婚式からかれこれ15年ほどになるだろうか。そんな昔の句なのだが、よからぬ息子たちは「お父さんバージンロードを歩く時はきっと泣くよ!」と言っていたそうである。実際のバージンロードでは、長女と歩幅が合わず、緊張して泣くどころではなかった。ある意味期待を裏切ってしまった。そんな長女夫婦も一男一女に恵まれ、幸せに暮らしている。先日は大きくなった孫(小学一年のサッカー少年)が群馬に来て枝豆の収穫を手伝ってくれました。30数本植えて、毎日一本ずつ抜き、数を数えるのを楽しみにしています。この一本で334房、全部家に持って帰りましたよ。元気な子に育ってくれるでしょう。

バージンロード父の泣き顔期待され   潤

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

バージンロード...”にコメントをどうぞ

  1. 久美子 on 2020年10月24日 at 12:45 AM :

    バージンロードかぁ…

    もう一回歩きたいけど、お父さんがいないしなぁ…

    万が一ってこともあるし、もし歩くことがあるのなら
    ジュンジュン代役やってね(*^_^*)

    • 勢藤潤 on 2020年10月24日 at 7:22 AM :

      久し振りにスカッと晴れた気持のいい朝だ!

      清弘さんの代役とは光栄!わんわん泣いてしまいそう。
      でも早くしないと老いぼれて歩けなくなるよ。
      卑弥呼の里誌上大会のパンフ少し送ってね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K