Loading...Loading...

今日は「川柳さろんG」の集い。三密を避けて、参加人数は予約制で8名!コロナ禍前には20人近くの参加者だったのだが…。早く元通りになりたいものだ。

今回の課題は「待つ」。もう誰かを待ってイライラするということもなくなったが、カップ麺の熱湯投入後の3分間は時々待てないことがある。まあ少々固めでも拘りのない味覚音痴には気にはしていない。私はこうみえて結構気が短いのです。昔、カップ麺の発明話を読んだことがあるが、便利なものを売り出してくれたものである。

カップ麺の三分間がまてないの   潤

「待つ」の上位句は、

コロナ後を待ってられない夜の街    笑久慕

千秋の思い届かぬ日本海        もとい

来るまでと抜いたビールでできあがり  悦子

次回の題は「山」、平凡なだけに難しい…。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K