Loading...Loading...

みなさんは川柳のほかにどのような趣味をお持ちですか? 私の趣味のひとつに下手な「囲碁」があります。私の祖父が好きで、生家には立派な碁盤がありました。祖父に習ったことはありませんが、サラリーマン時代には囲碁の好きな方が多く、休み時間や就業後に打っていました。最初に入会した川柳会の会長さんが囲碁好きで、囲碁に関する川柳を沢山作っていらっしゃいました。「生きる」「死ぬ」「切る」「殺す」など囲碁の用語には楽し気な言葉が沢山あります。面白い川柳が作れそうですね。私にも数十句の囲碁川柳がありますが、とても紹介できるしろものではありません。

退職後は囲碁をしようにも相手がいなくなり、もっぱら囲碁のソフトで遊んでいます。最近は囲碁界でもITに学んでいる棋士が多いと聞きますが、私の方はもっぱらITとは言えないようなソフトに遊んでもらっています。写真のアイパッドにいれた「最強囲碁」というソフトですが、それでもなかなか強い!いろいろと設定できますが、今はレベル8で勝ったり負けたり。弱みを見せると必ず殺しに来ます!川柳といっしょで碁力もなかなか向上しません。日曜日のNHK杯囲碁トーナメントは必ず見て勉強していますが、なるほどと感心するばかりです。川柳といっしょで少しずつでも上手くなりたいものですが…。そのうちにITが川柳を作る時代が来るかもしれませんね。

夜ふかしの訳はITとの勝負   潤



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K