Loading...Loading...

6月6日(水)野田川柳会例会へ参加。互選、課題吟講評など、皆さんのご意見活発に出て、何時もながら面白い。

8日~9日は、新樹の吟行会(一泊)で、川治へ。宿の手配のバスで、松戸駅から他のグループとの乗り合い。従って、グループ毎に、乗る場所も船橋と松戸。降りる場所も川治と湯西川。川治の宿、一柳閣は、他のバス組などでほぼ満員?状態。夕食。朝食などのバイキング会場は、台湾語、中国語、日本語その他の国際色豊か。国際交流もそこここに。

二時半ごろ着いて、宿の周りの吟行へ。1時間ほど静かな一時、柳人はみな真面目です。16時半頃投句締切。嘱目の選をする。
18時、夕食。カニ食い放題(沢蟹ではない)、飲み放題。
19時半、披講。

「ポケット」
由宇呆の入選句   ポケットに男の憂さが吹き溜まる
「きっかけ」
由宇呆の入選句   交通事故多発が歩道橋造る
          スズ虫は一匹鳴けばみんな鳴く
由宇呆の 嘱目吟(入選句なし)
 新緑へヤマブキ未だ花もなく
 補聴器を外しせせらぎ生のままに
 放水注意の看板へ怖さ甦る
 落石注意に対処法など知りたくて
 雛稀の美人と足湯混浴す
 龍王峡歩け川治へ一里半
 新緑や友釣りへ今日釣果なし
 会津街道官軍砲を引きあぐね
 大内宿錦の御旗休ませる

楽しい吟行でした。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K