Loading...Loading...

2005年1月に 江畑先生(現日本川柳協会・副理事長、東葛川柳会代表)の

代役として、我孫子市生涯学習センター主催の 長寿大学2年生の

一コマで 川柳を 講ずるようになって、足掛け19年目になる。

僅か 二時間~二時間半で 「川柳の、面白さ 楽しさ」を知って貰うのは

容易ではない。

色んな事を 試行錯誤したが、結局は 自作の句を講師が 評価する という

形に 落ち着いた。

 

今日は 疲れたので ここで 止める。 続きは 次回。 由宇呆  拝



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

19年目の 我孫子 長寿大学”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 on 2023年10月14日 at 9:08 PM :

    有り難うございます。お疲れさまでした。

    • 山本 由宇呆 on 2023年10月18日 at 9:24 PM :

      江畑先生  ご声援 有難う御座います。

      初々しい 句に接すると、身の引き締まる 思いが致します。

      由宇呆  拝  

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K