Loading...Loading...

4月7日(土) 東葛傘下の「川柳会・緑葉」の吟行会へ参加した。
場所は、牛久市神谷シャトー。牛久駅から徒歩15分。
本来ならば 満開の桜の下で という幹事の意図に逆らって、今年は完全な「葉桜」の下。
観光ツアーが我々のすぐ後について歩く、茨城の名所である。
(案内には、大型バス駐車場完備とある)
1903年(明治36年・日露戦争の前年)頃の創業らしい。
開所式の写真には、大山巌陸軍大将も写っている。
歴史的な話はあとに譲るとして、園内には、創業者の神谷傳兵衛・記念館
ワインセラー、バーベQガーデン、オエノンミュージアム、レストランなど
多数の施設。商品は「電気ブラン」「蜂ブドー酒」各種ワインなど。

寒い中 1時間ほどの散策。句会は土浦に場所を移して、県南生涯学習センター。
講話は 堤 丁玄坊先生。「川柳評価の数値化」という難題について。
○まずは 通信簿(通知表)は、絶対評価(各人のレベル)と相対評価(所謂偏差値)
○入試は、合格ラインの判定。 入試問題の作成と採点基準。
○川柳の評価と数値化は  合点制 ⇒ 主観的評価が数値化
      「川柳展望社」の試み  客観的評価 を 数値化
       ↑ 今回の目玉
  ☆採点基準項目を決め、各項目に配点基準を置き 各選者ごとに合計点で評価。
  ☆ 問題点は、採点基準の評価を 各選者ごとのずれの修正。
         採点基準の配点の決め方で、主催者の意思に左右される。
         (公平さが失われる危険性) ← 由宇呆意見。

何れにせよ、面白い、試みで 今後を注目したくなる。

句会は 地元の 海東昭江さん、岡さくらさん、嘱目吟は長谷川庄二郎さんの選で、予定通り終了。二次会は失礼して 「笑点」に間に合って良かったです。

     貧弱な噴水寒し葉桜に    由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K