Loading...Loading...

一年ぶりで、松原川柳会へ お邪魔した。
松原川柳会は、江畑講師が草加の獨協大学での、毎年の川柳講座の修了生が集まって出来た勉強会である。毎年の修了生が次々と参加して、今30名を超えている、発展中の会である。互選会に立ち会って感心したのは、ご意見が実に活発で、一年前に比べて表現内容が豊かになったこと。投票集計も各自が次々と発表するのを、書記独りが白板に板書していく。(誰がどの句を選んだのかが、即分かる仕組み)その後、コーディネーターが投票理由を聞き、賛成、反対意見が、挙手で自由に発表される。(実は迷った末に入れたとか、断然これに決めたとか)この互選で、選ぶという実習がかなり出来ているはず。その後、講師としての意見を発表したが、互選結果と由宇呆の意見が半分ほど合ってきていることも、興味深かった。
 講義は、千葉県川柳作家連盟の会長、津田暹さんの講演録「グループ討議の実習」を、今月、来月にかけて行うが、今月は時間の関係で、講演録の大まかな説明と、来月の実習の概略を話すに留まった。楽しみである。

   時々の舵取り役の匙加減 味見は皆で円やかになる   由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

松原川柳会へ”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 on 2018年6月4日 at 7:41 PM :

    山本由宇呆様
    お世話さまです。ご指導、有難うございます。
    そうなんですよ。秩序ある井戸端会議のように、皆さんご自分の意見をそれぞれ言えるようになってくれました。「作者の視点と鑑賞者の視点」、その双方を併せ持って、いよいよ本格的な川柳勉強会として成長して参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 山本 由宇呆 on 2018年6月4日 at 8:10 PM :

      哲男様
      コメント 有難うございます。
      「秩序ある井戸端会議」とは 言い得て妙。
      挙手をして 発言を求めて、勝手なことを言う。
      まずは、ここから ですね。
      では、また。   由宇呆  拝 

  2. 松本とまと on 2018年6月7日 at 9:24 PM :

    お久しぶりです。実は、鹿沼市が昨年「いちご市」を宣言しました。その後、栃木県も「いちご県」を宣言しました。だから私は、いちご県いちご市の住民です。
    棚ボタが落ちまして、「いちごいちえ鹿沼川柳フェステバル」を開催することになりました。
    由宇呆さん、昔のなじみで、色々相談に乗って頂きたいです。誌上大会と、大会開催を考えております。いちごです。大会の参加賞と賞品は、ばっちり、鹿沼のいちごです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • 山本 由宇呆 on 2018年6月7日 at 11:17 PM :

      松本とまと さん。
      懐かしいふる里便り、有難う御座いました。
      いちごいちえフェスティバル とは 面白い。
      大会開催は 毎年のこと、特別なことなら兎も角、
      あまり背伸びをしないで、例年並みに。
      誌上大会は 初めてでしょうから、こちらを主体に。
      鹿声さん、隆雄さん など経験豊富な方々のご意見を参考に
      企画されたら 如何でしょうか。
      出来ることは 応援しますよ。

      由宇呆   拝 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K