Loading...Loading...

突然ですが、三角形の面積の話。

ご存知の 三角形の面積を求める公式は

 S = 底辺の長さ × 高さ ÷ 2  ・・・(1式)

 美しい数式(三角形)jmg121
上図の(1)(2)(3)のどれでも (1式)が成り立つ。
※(2)図が 分かり易いと思う。
このように 三角形では 正三角形、直角三角形、など 
どんな形でも 2で割って面積になる。

次に 錐体 という形の立体がある。
錐(きり)のように 先端がとがった形である。

美しい数式(錐体)jmg122

図が手書きで 済みませんが、我慢してください。

これらの立体の体積は

 V = 底面積 X 高さ ÷ 3 ・・・(2式)

 底面積 x 高さ は (4)で言うと 四角柱
            (5)では 円柱
            (6)では 五角柱 の体積で、
 錐体では 底面の形に関わらず
 一様に 柱体の体積を3で割った ものになる。

自然にはこんな美しい公式が 沢山あるらしい。

では、また。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K