Loading...Loading...

動物シリーズ(12)チュニジア・ラクダ

チュニジア滞在中の「ラクダキャラバン」、ラクダに乗っているだけではなく、ランチを食べたり、イスラム風の覆面を被ったりする催しがあった。

ちょうど9.11のテロ事件の頃で、この頃はアルカイダが名をはせていた。家内の覆面姿!いっぱしのテロリストに見えませんか?

覆面を被っただけでテロリスト   潤

この「ラクダキャラバン」からホテルに戻ると一緒に滞在していたスーザン夫婦が「たかしたちの明日の帰りの飛行機飛ばなくなったよ!」ととんでもないことを...。カルタゴ航空というローカルな航空会社ではあったが、欠航の理由はよく分からなかった。ネットで4人で真剣に空席のある帰国便を探した。チケットを持っているウイーンから成田の便に間に合うように、ウイーンへの直行便はなく、やっとミラノ経由でウイーン行のチケットが取れた時は本当に安堵した。翌朝、日の出前にハンマメットのホテルからチュニス空港までの長距離をタクシーに飛ばしてもらった。ミラノからウイーンへ、眼下のアルプスが美しかった!

下の写真はにっくきカルタゴ航空の名前の由来のカルタゴの遺跡!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K