Loading...Loading...

「川柳漫遊記」シリーズ(62)

平成23年の「バルト海クルーズ」の続きです。

クルーズ船に乗る前にコペンハーゲン市内を観光しました。アマリエンボー宮殿はkペンハーゲンにある冬の王宮です。この宮殿は、八角形の広場の周りに配された典型的な4つのロココ調の宮殿からなる。広場の中央にはこの宮殿の造営者であるフレデリク5世の騎馬像がある。女王の滞在中にはデンマーク近衛兵が、午前11時30分にローゼンボー城からコペンハーゲンの通りを通過し、正午にはアマリエンボー宮殿の前で衛兵交代する。宮殿前広場は市民に開放されており、衛兵交代式も観光行事となっている。また、これまでの国王たちが使用していた寝室や持ち物などが公開されており、当時の王室の暮らしぶりを知ることができます。

女王がこの宮殿(城)に滞在されている時は正面のポールに国旗が掲げられるのですが、この時はあいにく国旗はありませんでした。

アマリエンボー城女王様はお留守です   潤

今回で600回目の投稿になります。100回毎にお酒の写真を掲載していましたが、現在左腕の骨折の治療中でお酒を控えています。完治したら思い切り飲みます!!

今日(7月12日)は、

【人間ドッグの日】 1954年日本で初めて実施された。

【洋食器の日】 語呂合わせ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

アマリエンボー城...”にコメントをどうぞ

  1. take on 2021年7月13日 at 5:22 PM :

    アマエンボ―城と読んでしまいました(;^ω^)
    なんて素敵なお城、と思いました 笑

    600回突破、おめでとうございます☆

    • 勢藤潤 on 2021年7月14日 at 7:52 AM :

      麻衣子さま

      川柳漫遊記ネタを楽しんで頂きありがとうございます。
      コロナ禍、梅雨空、腕の怪我で鬱々とした毎日ですが、三日に一度のブログアップが良い刺激になっています。スカッとした日々が戻ったら、梅酒のソーダ割りが待っています!今後ともよろしくお願い致します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K