Loading...Loading...

「川柳漫遊記」シリーズ(46)

「富良野の旅」の最終回です。レンタカーで北海道の中央部を走りましたが、慣れぬ車ではゆっくりの走りになりました。真っ直ぐな道路が多く、スピードは出やすいのですが…。普段は直線道路を走る機会はほとんどありません。その分、緊張して運転しているのですが、直線道路はかえって気を使うような気がします。

ちなみに日本一長い直線道路は、北海道美唄市から滝川市までの29.2㎞で、この道路は札幌と旭川を結ぶ国道12号線の間にあり、田園地帯や住宅、商店が多く連なっているそうです。前もって調べておけば、富良野に行ったときに走ってみていたかもしれません。世界で最長の直線道路は260kmもあるそうです。眠くなりそうです…。

富良野をのんびり旅してみました。美瑛のパッチワークが、いつか北海道の東部へも行ってみたいと思います。

真っ直ぐに延びた道路にある憂い   潤

今日(3月7日)は、

【さかなの日】 語呂合わせです。三寒四温、体調に気を付けましょう。

*まだ若いある柳人の訃報を聞いて、こんな真っ直ぐな道路は天国に続いているのかもと思う朝です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K