Loading...Loading...

昨日は川柳マガジンクラブ高崎句会。

しばらく誌上句会を続けていましたが、久しぶりに通常の句会を開催しました。しかし、まだまだ新型コロナウイルスの感染が怖いという人が多く6名だけの参加になりました。誌上句会では17名の参加者でしたので、句会のあり方を考えねばなりません。課題は「類」と「砂」。サラリーマン時代の後半は東京へ新幹線通勤もしていましたが、東京に住む気にはなれません。このコロナ禍ではなおさらです。写真の句は没句です。

この歳で住みたくないな都市砂漠   潤

特選句は、

「類」  星野睦悟朗 選   負け組に分類されている安堵   たかを

「砂」  横澤七五 選            ばら撒いて夫婦が築く砂の城   みちよ

句会の詳細は後日、川柳マガジンクラブブログに掲載致します。

*久し振りの句会、「やっぱり句会はいいなあ」と感じた次第。細々とでも「with CORONA」で細心の対策をして楽しんでいきたいと思います。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K