Loading...Loading...

「川柳漫遊記」シリーズ(1)

旅の川柳を綴り始めたのは平成12年の「リフレッシュ休暇一人旅」。勤続30年ということで会社から10日間の休暇と金一封を頂いた。同期生のほとんどは奥さんと海外に行ったが、私は北海道から九州まで友人知人(計17名)を訪ねる一人旅を決行した。10月18日、上野駅から北斗星に乗って向かったのは小樽!「石原裕次郎記念館」にぜひ行きたかったのである。館内の小劇場でスクリーンの裕次郎に合わせて大好きな「夜霧よ今夜もありがとう」を歌えたのは感激の極みであった。この記念館、もう閉館になってしまったが、大好きな裕次郎さんは心の中にずっと生き続けている。川柳を始めて2年目のこの旅から旅日記を綴り続けることになる。

裕次郎と歌う小樽の記念館   潤

*今日も隣り町に住む小学3年生の孫を半日預かることになっている。ママから「枝豆の観察を教えて下さい」との指示が入っている。こちらは川柳を教えたいのだが…。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K