Loading...Loading...

先日、ブログ長屋の元国語先生が、ぬわんと英語のタイトルをつけました。小生も見習ってつけた次第です。標題の英語、直訳すれば飢えた鬼の祭ですが、実は台湾の中元節の訳!

日本では、八月はお盆の季節で、墓参りするのが習慣。一方、台湾では墓参りは4月4日の清明節。八月だと旧暦の7月=鬼月、施餓鬼会のイメージが強く、無縁仏をオモテナシする習慣があります。オモテナシを怠ると、オフィスビルが急に停電になったり、ネットが接続不能になったり……。ちなみにという言葉も、この時節ではタブー、代りに好兄弟=文字通り「良き兄弟」と言います。

なお、オモテナシで、一番規模が大きいのは旧暦7/15、すわなち西暦9/02、中元節。全国的に公務機関、商業ビル、廟などが盛大がお供えします。ひいては米国在台協会(米国駐台大使館に相当)や外資系企業も、仕事を一旦中座して、祭壇に参列し「拜拜(線香を上げる行為)」します。文字通り「フェスティバル」な光景です。

ただ、例年と違って、今年はコロナ事情を反映して、なんと、マスク、消毒・除菌グッズなどの供物も出現!どうやらあの世でも感染状況が深刻らしい?!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Hungry Ghost Festival ?!”にコメントをどうぞ

  1. 上野 楽生 on 2020年9月6日 at 6:23 PM :

    台湾のお寺に行くと、熱心に礼拝している人がたくさんいます。
    日本とは礼拝の仕方が少し違いますが、信心深さは伝わってきます。
    ご先祖を大切にしている台湾人は立派だと尊敬できます。

    • 杜青春 on 2020年9月9日 at 3:45 PM :

      楽生師匠 いつもコメントありがとうございます。
      確かに龍山寺など有名なお寺に行くと、熱心に拝む人がたくさんおります。
      何を祈願しているでしょうと、いつも不思議におります。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K