Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(16)

前回に引き続き子供たちのネタ句。この句に合う「豆の木」を探したのだが、我が家の菜園のスナップエンドウは触れば折れそうなほどにか細い。枝豆もまだ芽を出したばかりで使えない。ということでネットを探すとこんなぴったりな写真があった!

我が家の子供も三人、ジャイアンに似た子もいる!子供たち豆の木を登って行って「ジャックの豆の木」のようにお城を見つけることはできたのかな?

娘も孫娘もドラえもんが大好き!ドラえもんは夢があっていい!「ひみつ道具」で一番欲しいのは「どこでもドア」かな、どこの句会にでもひょいと顔を出せたら楽しいだろうな。みなさんは何が一番欲しいかな?

豆の木を登って行った子供たち   潤

明日は桐生市文化祭川柳大会。早めに抜け出して東京へ、東京で一泊し、月曜の朝から伊勢神宮にお参りに行ってきます。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

豆の木を...”にコメントをどうぞ

  1. 久美子 on 2018年5月14日 at 12:38 AM :

    やっぱりどこでもドアでしょ!

    銀行の金庫の中に行って、がっぽり持ってくる。

    それで卑弥呼誌上大会の景品をもっとグレードアップさせる。
    と同時に、久美子が若返る。

    • 勢藤潤 on 2018年5月14日 at 8:03 AM :

      卑弥呼の賞品、スペイン旅行がいいよ✈️

      若さってお金じゃ買えないんだよね。
      リーゼントのジュンジュンなんて可笑しいやろ!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K