Loading...Loading...

しばらく前から気になっていることがある。それは「コロナ下でインフルエンザの流行がないのはどうしてか?」ということである。新型コロナウイルスばかりに注目が当たっているが、インフルエンザは昨年も今年も鳴りを潜めている。

そこでネットで検索してみると、NHKの「チコちゃんに叱られる」の番組でインフルエンザの関連が2019年に放映されたことがある。

「なぜインフルエンザは冬に流行するの?」の質問に、チコちゃん(専門家)は、

「インフルエンザウイルスは、冬はくしゃみの飛沫に乗って、人から人へ感染。
鼻や口からウイルスは入っていきます。冬は空気が乾燥するため、くしゃみの粒子が空気にとどまりやすくなってて、空中にとどまりやすく、飛沫感染も起こしやすくなります。また、冬は寒いため外出を控えることが多いため、人から人へ感染しやすくなっています。これらの理由からインフルエンザウイルスは冬に感染しやすいといわれてきました。

更に近年の研究ではでは。冬になると短くなる日照時間が短くなるのも、大きな影響をおよぼすことが分かってきました。日光を浴びるとビタミンDが作られます。
ビタミンDは細菌やウイルスの増殖を抑える抗菌ペプチドを作らせて、免疫力を向上させます。冬になるとビタミンDが減少し免疫力が低下する可能性が分かってきました。これらの理由から冬にインフルエンザが流行すると考えられます。」

しかし、このチコちゃんの回答では昨年冬と今年のインフルエンザの低い感染状況が説明できない。コロナも同じウイルスだから冬場には大流行の素地があるはずである。チコちゃんにもう一度聞いてみようか…。「この前あんなこと言ったけど去年の冬に流行しなかったのはなぜなの?」と。チコちゃん黙り込むかもしれない。なにはともあれ、コロナもインフルエンザも落ちついていることはいいことだ。毎年多くの死者を出していたインフルエンザの流行がコロナのおかげで下火になっているとしたら、コロナに感謝せねばなるまい。個人的な興味として「なぜ日本人にコロナ感染者が少ないか?・コロナとインフルエンザに関連はあるのか?」を調査・勉強してみたいと思う、川柳にはまったく役立ちませんが…。

チコちゃんが暴くインフル冬の怪   潤

今日(12月6日)は、

【シンフォニー記念日】 第九の季節がやってきました。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K