Loading...Loading...

「川柳作家ベストコレクション 勢藤潤」シリーズ(86)

ベストコレクションからの時々の紹介です。(100)に辿り着くには長い日々になることでしょう。梅雨も明けて暑くなりましたが、なんとか頑張ります。

この写真の句には悔しい思い出があります。国民文化祭山梨大会の課題「石」で島田駱舟先生に特選(天)で抜いて頂きました。有頂天になり、隣にいた卑弥呼さんに「カメラお願い!」と頼んでいたのですが、二次選であっけなく落選…、舞台へ登壇する夢も潰えてしまいました。がっかりがっかり、帰り道の高速路(中央道、圏央道、関越道)の暗くて長かったこと、一生忘れません。まあ、群馬大会では逆のケース(天以外の特選で表彰台)だったのですからおあいことしましょう。

風向きを読んだら石になっていた   潤

*今年の国民文化祭みやざき大会も来年に延期になりました。課題吟を推敲する時間はたっぷりとあるのですが…、切羽詰まらないとやらないでしょうね。

*昨日は楽しみにしていた「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日)の放映はありませんでした。時節柄、深夜の酒場番組は好ましくないということなのでしょうか…。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

風向きを...”にコメントをどうぞ

  1. 久美子 on 2020年8月8日 at 1:15 AM :

    二次選の壁は高いんだよねぇ…。

    秋田の締切り10日だよ!
    忘れないようにね!!!

  2. 勢藤潤 on 2020年8月8日 at 5:21 AM :

    暑くなったねえ、寝苦しい毎日だよ。卑弥呼に食われそうな夢は見るし…。

    秋田は今日投函するよ、前橋、番傘、葦群、川マガ、鉄川(誌上)が待っている。

    今日は川マガ高崎句会、少人数だけど楽しむよ!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K